初心者がオスマントルコでがんばる

帝国主義への道と破滅(1856年-1890年)

クリミア戦争の反省と内政

Abdul_mini.jpg 「クリミア戦争も終わったし、これでようやく一息つけるな。」

Mustafa_mini.jpg 「また借款2000ポンドの返済からはじめましょう。」

Abdul_mini.jpg 「この戦争は反省点が多いな。そもそも2000ポンドも借款する必要はなかったはずだ。
クリミア戦争勃発当初、財政収支もプラスで15000ポンドほど国庫にあったのと、
ようやく輸入ができるようになった木材に気をよくして鉄道を3箇所くらい敷設したせいだしな。」

Mustafa_mini.jpg 「軍の移動効率も上がるし、工業化を象徴する我が国初の鉄道ということではりきりすぎましたね。
もっとも、各層の税率最大もよくありませんでした。
クリミア戦争前にせっかく事務員POPを作成したのに搾取されすぎて工員POPに落ちぶれてしまいました。
再度事務員POPにするとして必要な資金だけでも差額1400ポンドかかります。
工場の効率と研究点にも打撃です。税率はせめてPOPが没落しない49%までにしておくべきでした。
敢えて借款を恐れないことも必要だったかと。」

Abdul_mini.jpg 「外交面ではロシアの外交関係をしっかり把握できてないのもこちらの落ち度だな。
把握できてればペルシア国境に兵をいくつか配置できてたはずだ。
ロシアとの講和も今回はイギリスの同盟間講和で行ったのだが、単独白紙和平連打のほうがよかったかもしれんな。」

Mustafa_mini.jpg 「ロシアと戦争しても、中核州はありませんし主要文化のある州なんてないでしょうしね。
早期和平してさっさと内政に戻ったほうがよかったかもしれません。
同盟間講和は自国が同盟中で国威がもっとも高くないと条件を決定できませんし。
今回は微妙な土地を押し付けられてBBRも6上がってしまいました。」

Abdul_mini.jpg 「もっとも、割譲された土地はイギリスやロシアの植民施設との交換に使えばよかったのだが、
おバカな作者が『カフカースもオスマントルコの領土だろ?渡すもんか』と強情はったせいで死蔵されることになったのだ。
作者はシベリアの未開拓地を探検してくるように。」

Mustafa_mini.jpg 「1856年5月30日に借款の返済が完了しました。税率も各層49.22%まで下げました。
しばらくはお金をためて事務員POPを育成しなおすことに専念しましょう。」

Abdul_mini.jpg 「よきにはからうように。
技術開発の報告はこちらでしよう。
1856年11月26日 医薬の研究を完了。
1857年10月18日 一流の科学者が我が国へ亡命が発生。拠点防御システムを発見。
1858年4月21日 高圧および低圧蒸気機関の研究完了。
1859年6月27日 交換可能部品の研究完了。」

Mustafa_mini.jpg 「朗報です。1860年2月27日現在、事務員POPの育成を優先した結果、研究点が0.81/月まで上昇しました。
これで0.81x12の年9.72の研究点が入り、約1年で技術1つの研究が可能になりました。」

Abdul_mini.jpg 「引き続き、POP育成と工場の拡充と鉄道の敷設に励むように。
技術開発と発生したイベントの報告等を続けよう。
1860年7月19日 石炭の精錬の研究を完了。
1860年9月20日 士官学校の創設が発生。支援して1000ポンドを支出し、統率力+20を獲得。
統率力はすでに最大値状態なので若干もったいなかったかもしれん。ただ国威が減るので微妙なところだ。
本当は20ごとに将軍や提督をプールしておくべきだったな。
1861年4月28日 図書館の建設が発生。援助しよう。
1861年6月25日 工業力が200になった。すばらしい!
1861年7月24日 初期の鉄道の研究完了。
1861年12月2日 識字率が40.0%到達。だいぶ上がってきたものだ。
1862年9月10日 農民たちが補償を要求が発生。要求を受け入れようを選択した。5000ポンドを支出。
手持ち資金がなかったため、借款生活に戻る。
1862年10月1日 内観主義の研究を完了。
1862年11月5日 借款を完済。
1863年10月1日 鉄の大量生産の研究を完了。
1864年10月1日 鉄製の線路の研究が完了。
1865年8月10日 詐欺師の嘘がばれるが発生。国威-1と100ポンドを支出した。暗殺よりマシと考えるか。
1865年10月1日 無機化学の研究が完了。
1866年5月13日 捕らえられた反逆者が発生。処刑しろ!を選択した。
国威+5、ギリシアとの関係が-50に。我が国にある中核州狙いか?けしからん。
1866年10月1日 イデオロギー思想の研究を完了。
1867年10月2日 連合主義の研究を完了。
1868年10月2日 ロマン主義の研究を完了。
1869年10月2日 観念論の研究を完了。
1870年4月26日 社会批判小説の著者。要求は拒否するを選択。
1870年5月18日 失業保険を導入することにした。当面、最低限の補助金で施行することに。
1870年7月10日 イギリスと軍事同盟を締結して、フランスへ宣戦布告することに。
が、たいしたこともなくすぐに和平。アルジェリアを割譲させようと目論んでいたが失敗した。
1870年8月26日 鉄製前装砲の研究を完了。」

Mustafa_mini.jpg 「1871年4月11日にロシアが我が国の内政に干渉が発生しました。
ギリシア、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、クロアチア、ハンガリー、スロヴェニアPOPの急進性と意識が+5されます。
どういたしますか?」

Abdul_mini.jpg 「苦々しいな、vicの華内政の邪魔をしおって。
急進性と意識を下げるために税率を現政権で可能な最低ライン20%まで下げるほかあるまい。
治安維持費も75%程度まで増額を認めよう。軍も駐屯させて、暴動は迅速に鎮圧するように。」

Mustafa_mini.jpg 「了解しました。」

Abdul_mini.jpg 「さらに報告を続けよう。
1871年9月26日 蒸気タービンの研究を完了。
1872年7月18日 識字率が50.2%に到達していることに気づく。
1872年8月10日 トロイ発見が発生。10研究ポイントと国威+10と1000ポンド獲得。
1872年9月26日 現象論の研究を完了。
1873年3月20日 新兵よ、祖国の旗のもとに集えが発生。
1873年9月26日 経験論の研究を完了。」

Mustafa_mini.jpg 「トロイ発見で獲得した研究ポイント10点を利用しましょう。
オーストリアと交渉して、石炭の精錬を渡して海軍設計局と2000ポンドを受け取りました。」

Abdul_mini.jpg 「ひょっとして第二回オリエント危機前に
アブドルメジト1世の改革で得た研究点も他国と交渉したほうがよかったのだろうか…」

Mustafa_mini.jpg 「どうなんでしょうか。
初手の技術売却で国威マイナスになってましたし、交換してくれる国があったかどうかですね。」

Abdul_mini.jpg 「うーむ、今後の課題だな。」

植民地戦争 領土回復

Abdul_mini.jpg 「そろそろ内政も軌道にのってきたことだし、
ここらで打って出たいと思うのだが、どこか手ごろな非文明国はないか?」

Mustafa_mini.jpg 「どこか手ごろって思いっきり侵略戦争しかけようとしてるじゃないですか。
まだ列強に睨まれると危ないですぞ。そうですな、チュニスはどうでしょうか?
スレイマン大帝やセリム2世の時代には我が国の勢力下にありましたし、 財政破綻していて国威-1で植民地戦争の布告が可能です。」

Abdul_mini.jpg 「よし、チュニスにしよう。
貴公の首は柱に吊るされるのがお似合いだ!パパパパパウアー!ドドン!」

Mustafa_mini.jpg 「それは別ゲーです。」

Abdul_mini.jpg 「まぁよいではないか。
9月8日にはチュニスを併合したぞ。ついでにステート化しておこう。
アラビア人POPも多いし、工業発展が望めそうなステートだ。」

Mustafa_mini.jpg 「列強に睨まれるとまずいと申したじゃないですか。
併合したらBBRががが。」

Abdul_mini.jpg 「落ち着け。
チュニスの首都州チュニスは地中海に面しているし、フランスが虎視眈々と狙っている。
すでにアルジャザールは併合されているしな、いつ狙われてもおかしくない。
ならば先んじて獲得しておいたほうがよい。BBRも5州で10だからまだセーフだ。おそらく。」

Mustafa_mini.jpg 「気をつけてください。二段階併合をちゃんと使ってくださいよ。
BBRが上がると外交交渉の条件も厳しくなります。
対チュニス戦中に日本と外交交渉して株式市場と特別紙幣の印刷を渡し、
陸軍将校の意思決定と1500ポンドを受け取りました。
徐々に研究点にも余剰が出てきています。」

Abdul_mini.jpg 「これから技術もキャッチアップしていかねばな。
それはそうと、他国の財政破綻情報はポップアップするように設定しておこう。
デフォルトではログに流れるだけで見逃してしまうからな。」

Mustafa_mini.jpg 「そこはぜひ設定しておくべきですね。
他にも狙っているのですか?」

Abdul_mini.jpg 「うむ、まぁな。任せておけ。
そろそろ、北アフリカやアラビア半島のアラブ人諸国が財政破綻しはじめるからな。
1874年8月20日 軍事計画の研究を完了。
軍事計画の研究も済んだし、次は財政破綻している上にイスラームの聖地を持っているヒジャースだな。
貴公の首はry」

Mustafa_mini.jpg 「1875年3月4日 思いがけない発明が発生しました。
8研究ポイントを獲得しました。大変結構なことですな。」

Abdul_mini.jpg 「1875年4月24日 ヒジャーズを併合。即ステート化しよう。
正直調子に乗ってしまったな、反省している。」

Mustafa_mini.jpg 「さらにBBR4上乗せですか、目をつけられないとよいのですが…
フランスと外交交渉しました。陸軍将校の意思決定を渡して、後装式ライフルを受け取りました。
現在対英戦争真只中なので後方支援しておきましょう。」

Abdul_mini.jpg植民地戦争領土回復は鎧袖一触だし、
技術やイベント発生の報告と一緒に行おう。
1875年7月27日 イエメンに宣戦布告。
1875年8月20日 現実主義の研究を完了。
1875年11月14日 株式市場の盛況が発生。
1876年1月24日 ハラジャとモッカの中核州を割譲させ、衛星国化で和平。即ステート化。
1876年5月6日 日本と外交交渉。
後装式ライフルを渡して、3200ポンドを獲得。
1876年7月14日 機関銃の研究を完了。
1877年6月8日 鉄製後装砲の研究を完了。
1878年5月2日 軍事統計の研究を完了。
1878年7月15日 アンナンに植民地戦争を布告。カンボジアがついてきた。
1879年3月10日 カンボジアを併合。
1879年6月2日 有機化学の研究を完了。初期の古典派理論と批評の研究を開始。
1880年3月17日 アンナンと首都以外割譲で和平。」

Mustafa_mini.jpg 「カンボジア併合でBBRがまた上がりましたぞ。 そろそろ危ないので、アンナンとの和平後カンボジアを再独立させましょう。
アンナンから奪った州も独立させられるので少しは下がってくれるといいのですが。」

Abdul_mini.jpg 「報告を続けよう。
1880年5月18日 社会改革を実行して、最低賃金を導入。
1880年6月2日 初期の古典派理論と批評の研究を開始。
1880年11月16日 ネジドに植民地戦争を布告。
1880年12月18日 海外の密輸者を逮捕が発生。ギリシアとの関係-200。
1881年2月9日 ネジドと衛星国化、ラスアルミスハブ、カチーフを割譲で和平。
残す中核州はエジプトが不当に占領しているペトラのみだな。」

Mustafa_mini.jpg 「領土回復はあと一歩ですね。
1881年3月13日 フランスと外交交渉して
有機化学と500ポンドを渡して、鋼鉄の大量生産を受け取りました。」

Abdul_mini.jpg 「首を洗って待っておれ、エジプトめ。
1881年4月26日 快速帆船の研究を完了。
1881年5月30日 アブダビへ宣戦布告。
1881年8月17日 アブダビと賠償金および衛星国化で和平。
1881年12月1日 オマーンへ宣戦布告。
1882年4月2日 兵站の研究を完了。
1882年6月15日 オマーンを賠償金および衛星国化で和平。
1882年7月28日 一流の科学者がわが国へ亡命が発生。
企業銀行の技術を発見。すばらしい!
1883年1月1日 エジプトに宣戦布告。
1883年4月2日 実証主義の研究を完了。
1883年4月21日 海外の密輸者を逮捕が発生。アブダビとの関係が-200
1883年11月18日 ドイツからの軍事同盟の誘いが来た。同盟締結。
1884年1月24日 エジプトを併合。」

Mustafa_mini.jpg 「ここらへんはミスが目立ちますね。
アブダビもオマーンも領土割譲させずに和平しちゃってますし、
変な情けをかけずに首都以外割譲させて二段階併合すべきでしたね。
アラビア人POPがいたでしょうし
ってエジプト併合しちゃってますしorz」

Abdul_mini.jpg 「エジプト征服は漢のロマンって作者がいってたのでついな…
唆した作者はナイル川の源流を探してくるように。」

Abdul_mini.jpg 「一応対策はある。
1884年3月17日 識字率がついに60.0%を突破。
1884年5月2日 鋼鉄の線路の研究が完了。
1884年10月12日 名門の終焉が発生。1000ポンドの臨時収入。
1885年3月20日 アンナンに宣戦布告。ルアンプラバンはアンナンとの軍事同盟破棄。
1885年3月26日 火器管制システムの研究を完了。
1885年4月22日 アンナンを併合。即日衛星国として再独立。
同日ルアンプラバンに宣戦布告。
1885年7月26日 ルアンプラバン併合。即日衛星国として再独立。
これでBBRが少しは下がるはずだ。」

Abdul_mini.jpg 「さらに報告を続けよう。
1885年8月7日 ドイツから対仏宣戦布告要請。受諾。
1885年11月29日 詐欺師の嘘がばれるが発生。国威-1と100ポンドの損失。
1886年1月19日 日本と外交交渉。
企業銀行を渡し、戦艦密集ドクトリンと100ポンドを受け取る。
1886年3月26日 工場の組織化の研究を完了。
1886年4月23日 フランスと和平。ボーヌを獲得。
1886年11月24日 モロッコに宣戦布告。
1887年4月7日 反逆者の処刑が発生。国威+5、アブダビとの関係-50
1887年4月12日 フランスがモロッコに宣戦布告。
火事場泥棒しにきたか。ぐぬぬ。
1887年4月25日 日本と外交交渉。
高圧および低圧蒸気機関を渡して、汽船と400ポンドを受け取る。
1887年4月26日 印象主義の研究を完了。
1887年7月2日 モロッコとフェスおよびラバトを除く全領土割譲、衛星国化で和平。
ドラー、タフィラルト、トゥアン、タフェルスィット、タザ、ウジタ、エルラルビをフランスにもっていかれる。
1887年12月7日 農業の衰退が発生。
1888年4月7日 工業力が1000を突破して、1001に。
世界第四位の工業国になった!すばらしい!
1888年4月26日 後期の古典派理論の研究を完了。
1888年7月17日 反逆者の処刑が発生。ギリシアとの関係-50。
1888年11月30日 政治改革社会主義以外の組合を認める。
1889年2月13日 一流の科学者が我が国へ亡命が発生。内燃機関の技術を獲得。
1889年4月23日 日本と外交交渉。
無機化学を渡して、海軍将校の専門知識と1400ポンドを受け取る。
1889年4月27日 科学的経営の研究を完了。」

破滅

Mustafa_mini.jpg 「大変です!
1890年2月9日 腐ったブタ野郎のロシアが宣戦布告してきました。」

Abdul_mini.jpg 「1877年の露土戦争関連のイベントが起こらなかったし、
ロシアが低迷しているからって関係-200のまま放置してたのがまずかったか。
だが国境には兵を配置しているぞ、防衛費を上げてすばやく補充だ。」

Mustafa_mini.jpg 「続報です!
ドイツが我が国に対する独立保証を破棄して、ロシア側について宣戦布告してきました!」

Abdul_mini.jpg 「泣きっ面に蜂か!
ロシアとドイツが同盟組んだのは去年の12月29日だったが、このためだったのか。」

Mustafa_mini.jpg 「アジアとヨーロッパの領土はドイツと地続きじゃありませんが、
フランスとの植民地戦争でアルジャゼールとオーレスを獲得してましたから、
北アフリカの権益狙いでしょうか。」

Abdul_mini.jpg 「北ヨーロッパに兵はほとんどいないぞ…
カフカース方面に5万とか4万のロシア軍が見えるぞ。あわわ
対ロシア牽制に、我が国と関係のいいイギリスや日本に同盟を要請しよう。」

Mustafa_mini.jpg 「すげなく拒否されました!」

Abdul_mini.jpg 「だめか。
ひたすら白紙和平を連打するしかない!」

Mustafa_mini.jpg 「だめです。
わが軍は敵の勢いを止められません!
ドイツ軍7万がカフカース方面から接近。
ロシア軍13万にコンスタンツァを抜かれました。イスタンブル防衛軍は2万です。」

Abdul_mini.jpg 「というやりとりをしていると突然、
Victoriaのウィンドウが真っ白になって落ちたと作者が報告してきた。」

Mustafa_mini.jpg 「潮時ではないでしょうか?
期待していただいた皆さんには申し訳ないですが、
いろいろ失敗していた点も多く立て直すのはモチベーション的にも難しいと思い投了することになりました。」

Abdul_mini.jpg 「すまない(´・ω・`)
戦争前の領土はこんな感じになっていた。」

1888.png

プレイを振り返って

Abdul_mini.jpg 「さて最悪のBADENDだったわけだが、
初心者なりの反省点を作者にまとめさせよう。」

Mustafa_mini.jpg 「同じミスを繰り返してはダメですからね。」

内政

・POPの没落を防ぐために税率は49%までに抑えるべきだった
 (借款を必要以上に恐れない)
・儲かる工場をちゃんと選択すべきだった
・事務員POPの作成が少なかったため、技術のキャッチアップが遅れた
 (大きいサイズの兵士POPは除隊させるべきだった)
・資本家POPの育成をまったくしてなかった
 (しようとしてたが計画経済政党でだらだら続けてしまった)
・植民はアラビア人POPのいる土地もあるのだから積極的にやるべきだった
・反乱をできるだけ起こさないように急進性をうまく下げられるようにすべきだった
 (工業化が波に乗り始めたら税率を下げる、適宜政治改革を行っていくなど)

研究

・軍事技術を疎かにしすぎて、ロシアとドイツ軍に同数で歯が立たなかった

外交

・ロシアをなめすぎた
・他国の同盟関係には注意すべきだった
・防衛同盟でもいいからどこかと同盟しておくべきだったかも
・無駄な対ロシア戦争は早期和平を図るべきだった
・二段階併合をちゃんとするべきだった
・土地交換を積極的に行うべきだった

軍事

・予備役を増やすなり、師団を増やすなり、仮想敵国国境には要塞をつくるべきだった
・財政破綻した独立国(モンテネグロやルッカ)は国威稼ぎに便利なので
戦争をしかけて全土占領→白紙和平すればよかった
・統率力は20溜まり次第、将軍を作成して無駄にしないようにすべきだった

AAR

・技術開発の報告はカットすべきだったかも
・対話型なのに、キャラクターに説明させすぎた、役割を分担できていなかった
(ログは地の文章にすべきだったかも)
・しっかり構成を考えたほうがよかった

Mustafa_mini.jpg 「へたくそな作者はたくさん失敗しましたが、
それでもオスマントルコは可能性のある国家だと思います。
なにしろ、トルコに加えてアラビアが主要文化というのが大きいです。
また、史実での大帝国でしたのでいろいろと夢が膨らみますしね。」

Abdul_mini.jpg 「反省して一からプレイしなおした結果、こうなったようだ。
これくらいできるようになってから作者はAAR書いた方がよかったな。」

193512.png
1936.png

Mustafa_mini.jpg 「プロイセンでたいしたことしなくても
ぬくぬくプレイできたのを勘違いして調子に乗った結果がこのざまでしたね。」

おまけ

Abdul_mini.jpg 「役に立つかわからないがプレイ中確認できたオスマントルコの史実イベントを載せておこう。」

・アブドル・メジト1世の改革 1838年1月8日
・エジプトがシリアを要求(2回目のオリエント危機) 1838年1月16日
・ロシアがバルカン半島でナショナリズムを扇動 1851年4月11日
・クリミア戦争 1853年7月5日
・ロシアが我が国の内政に干渉 1871年4月11日
・トロイ発見! 1872年8月10日

コメント返信

Abdul_mini.jpg 「最後のコメント返信だ。
気合を入れていこう。まずはこちら」

   クリミア戦争勝っちゃったんだ…… -- 2011-03-30 (水) 21:34:15

Mustafa_mini.jpg 「史実のようにイギリス、フランス、サルデーニャ頼みでしたけど、なんとかなりました。」

Abdul_mini.jpg 「次は」

   頑張って最盛期のオスマントルコの国土回復、否、史上最大版図を築いてください -- 2011-04-06 (水) 11:34:23

Mustafa_mini.jpg 「これからっていうところでロシアとドイツとエラーに止めを刺されました。
本当はこの後トリポリを征服してから軍事技術を伸ばし、
ドイツとの同盟も戦争ちょっと前まで組んでいたので再締結してオーストリアを挟み撃ちしようと思っていたんですが…」

Abdul_mini.jpg 「次は」

   オスマン帝國 万歳 -- koko 2011-04-09 (土) 20:57:11

Abdul_mini.jpg 「オスマン帝国∩( ・ω・)∩ばんじゃーい」

Abdul_mini.jpg 「次は」

   中盤以降、選挙対策が意外と足を引っ張るんだよね。選挙無しだと急進性上がるし、プレイしやすい政策の党はトルコ人しか票入れてくれないし・・・ -- 2011-04-09 (土) 22:25:52

Mustafa_mini.jpg 「このプレイでは選挙権与えるところまでいけませんでしたが、
再プレイでは1870年頃から使える社会主義のクルド党を与党にして選挙権なしでいきました。
選挙なしの代わりに適宜政治改革、社会保障を導入していきましたがかなり使いやすいかと思います。」

Abdul_mini.jpg 「次は」

   おーがんばれー -- 2011-04-12 (火) 02:16:45

Mustafa_mini.jpg 「力およばずすいませんでした。」

Abdul_mini.jpg 「最後は」

   ロシアウザったい -- 2011-04-16 (土) 15:31:26
   ロシアウザったい -- 2011-04-16 (土) 15:31:26

Mustafa_mini.jpg 「大切なことなので二回書いたんですね、よくわかります。
オスマントルコプレイではロシアをどうするかが最大のポイントかもしれません。
飢えた熊はそれはおそろしいものでした。」

Abdul_mini.jpg 「おっと、最後の最後に作者からの言葉があるそうだ。」


最後にこんな拙いAARを読んで頂いた方、コメントをつけてくださった方、
どうもありがとうございました!m(_ _)m

工業化の萌芽とクリミア戦争(1839〜1856年) ←前 帝国主義への道と破滅(1856〜1890年)


添付ファイル: file193512.png 333件 [詳細] file1888.png 403件 [詳細] file1936.png 320件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-01 (水) 18:24:57